障がい者スポーツ大会サポーター養成講座

    神奈川県主催の障がい者スポーツ大会サポーター養成講座2日間に参加してきました。

    午前中は、身体障がいの種類や特徴、
    聴覚障がい者とのコミュニケーションやスポーツの関わり
    午後は車椅子介助体験と、視覚障害者の誘導法の実践
    2日目は精神障害、知的障害の理解とコミュニケーション、神奈川県の障がい者スポーツ大会の開催実情

    午後は車椅子バスケ体験とボッチャ体験と
    盛りだくさんでヘトヘトになりそうな2日間でした。
    人が一人朝起きてから寝るまで普通に体を使って生きることが、こんなにたくさんの事情を乗り越えて、出来上がっていることに単純に驚き感謝しました。
    視覚障害者誘導法では、自分もアイマスクを付け、誘導される側に。
    暗闇の恐怖と(階段を降りる…!)介助者への信頼の大切さを同時に感じました。
    車椅子バスケは、神奈川車椅子バスケ協会の方が
    6人、本格プレイを見せてくれ、練習から、ゲームまで講座を忘れて楽しんでしまいました。
    ボッチャは地味なスポーツだと思っていましたが、凄い頭脳戦でレベルの高い試合をしてる、と 横浜ボッチャ協会の方達に褒められ、良い気分に!

    健常者も障がいのある人も楽しめるスポーツの世界が、もっと広がり、触れ合う機会が増える様に、自分も大会に機会があれば参加していきたいです。
    30年度の神奈川の障がい者スポーツ大会
    http://kanagawa-kenshinren.or.jp/event.htm

    コメント

    非公開コメント