はしぞうくん

    キッズフェスタ福祉器具展に行った時見つけた  はしぞうくん。 
    脊髄小脳変性症の母が、今でもお箸を震えながら使っているのを見て、
    買って見ました。
    あまり、福祉器具っぽく無いところと、ナチュラルな素材感が気に入りました。
    片側は、離れずにくっついて居て、
    少しの反発があるので、置いておくと開きます。
    安定して手の上に乗り、閉じることもできるようです。



    40代で脊髄小脳変性症を発症した母は、80になっても、自力で全て身の回りのことをやり、一人暮らしです!
    暮らしと思い出を綴った本も出しましたが、もうすでに購入は出来ないようです。

    コメント

    非公開コメント