コウフク塾 in 渋谷@アダストリア

    コウフク塾 in 渋谷@アダストリアに初めて参加してきました。
    コウフク塾とは 考=こう 服=ふく
    服を考えてコウフクになる! 体に不自由を抱えた人
    作る人 直す人 かかわる人 様々な人が集まる連続ワークショップです。
    障がい者 主に車椅子ユーザーの方を中心に
    なんと 今 ニコアンド などで
    大大人気のアダストリアさんの商品が提供され
    リフォーム アレンジしてよい!そんな太っ腹な企画だったのです。

    3日間にわたる ワークショップで 【考える】【作る】【感じる】
    をテーマにそれぞれ 作業します。
     【考える】  では、ユーザーが
    普段服を着るのに 何が不満なのか 、どういうものが欲しいのにないのか、
    既製品をどうすれば 満足する形になるのか、とことん話あいました。
    その中で 本当にすべての希望を引き出せたかどうかはわかりませんが
    ☆着ることで 障害者なのだという意識を 持ちたくない
    ☆健常者との違いを感じたくない
    ☆でも 着やすく 疲れを感じたくない
    大きくはそんな要求が多い様に感じました。

    【作る】
    では、それぞれの要求を どのように形にしていけばよいか考えました。
    普段 キラキラしたものを着ることがない→切る必要がない、危ないから着せてもらえない
    ので、着たかったという中学3年生の女の子
    洋服に必ず含まれているゆとり分量がかえって邪魔になり
    かっこ悪くて着られなかったという
    カーディガンに挑戦した社長
    パンツをリメイクスカートにしたときにはめ込んだ生地がとても可愛くて、
    車椅子故に視線が集まり素敵になったモデルさん
    パラリンピックメダリストの女性には、パンツの脇ラインに切り替え太ラインを入れて、スポーティに。
    それぞれの方に合わせて、作り上げていく作業は、人と人の距離を縮め、
    とても新鮮で楽しい時間になりました!
    【感じる】
    では、みんなが服を通して何を考え感じたのか、発表することになりました。

    障がいがある、自分とは違う人と接する、
    それは、誰しも緊張を伴います。
    言っていいこと、悪いこと、お互いが気を使いながら距離を保ちます。
    でも、お互いが違うからこそ、言葉に出して、思ったことをふつうのかんかで話す、時にはズケズケと?
    若しくは、違う方法でも
    コミュケーションをとっていけば、
    たった楽しい2時間でも、嘘のように慣れてきます。一気にバリアが剥がれていきます。
    それを実感できた瞬間でした。
    この3日間で作成された服達は、
    渋谷ヒカリエ 下記で、展示されました。

    コウフク塾はこちらこちら

    コメント

    非公開コメント